FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こころざし」が決める世界

25日の茨城県南部の震度5弱は序の口でしょうか。
魚が逃げてきたので、これから起きるのは海洋型地震のはず。
世界中で噴火のきざし。
きょうはガラパゴスでマグマ噴火のニュースが。

一方、なぜかダウと日経はうなぎのぼり。
震度5弱のときは一過性に急落。
みんな、近いうちに災害が来るのはわかっているのです。
それがいつなのか、神経を集中させて感じ取ろうとしているのですが、見た目はわからぬようボロ服を着てごまかしているのです。

「災害」は人間の目から見た言葉です。大地震、大噴火がおきようとも、野生動物にとっては、日常生活はさほど変わりません。
人間だけの視点に惑わされることなく、正しい「志」をもって、生きていきましょうね。
肉眼に見えるものだけを追っていては何も変わりませんが、正しい心の眼を通して世界を見れば、今まで何気なく感じていた自分が思っていた「尺度」が、大きく変わっていくことでしょう。

世界を決めるのは自分。世界を変えるのも自分。
自分を決めるのも自分。自分を変えるのも自分。

自分で大事なのは「こころざし」。
「こころざし」は自分を正しく、潔く、そして強く、高貴に導くのです。
「こころざし」の炎は、マグマの噴煙よりも高く熱く燃え上がります。
「こころざし」の強さは、どんなに大きな地震の揺れにも負けません。

災害など怖くはないのです。
怖いのは災害を恐れる心です。
「こころざし」のない心です。
最近、そのような人が増えてきているようで、それが怖いのです。

海から魚が逃げてきたよ

きょう(今深夜なので、日付は5/11のこと)は、5月というのに、たくさんのうろこ雲が出てたよ。
午後4時頃かな、僕が見たのは。
青空に、白い小さな魚の群れ。海から逃げてきたのかな?
これから海の中では怖いことが起きるからね。

そして夜は局地的豪雨だったな。
魚さんが来たから水で歓迎していたのかな。
まさに「嵐」の予感。

魚が逃げてきたら、もう数日かもしれないな。
準備は大丈夫ですか~

震災を忘れないで

約3年ぶりに更新します。もう死んでしまったのではと思われていたことでしょう(笑)。

皆さんは、あと2週間後に震災が身近にやってくると知ったら、まず何をしますか?
生きたいでしょう。死にたくはないでしょう。2週間じゃ覚悟が決まりませんものね。

では生きるために何を用意しますか? あと2週間ですよ。
過去の震災を思い出してください。わたしは阪神淡路はニュースや書籍で情報を得ただけですが、東日本大震災はここ茨城で被災しています。といっても、震度6でも自宅に被害はほとんどありませんでしたが、電気の復旧が5日間、水道の復旧が7日間かかりましたね。

コンビニやスーパーの食料はゼロ。スーパーのパンは朝の入荷と同時に、群集の手が伸びて争奪戦。
ホームセンターでは、ペットボトルの飲料水がまとめ買いされて、数時間で在庫切れ。
2-3日たつと、ガソリンもスタンドの備蓄がなくなり、毎朝どこかのスタンドにロータリーが着くというデマ(?)に惑わされ、スタンド開店前から車の長蛇の列。ようやく順番が来ても、一台10Lの制限でした。

仕事に行く交通手段もストップ。遠方の職場なら通勤も不可能になりました。
まずは、自分の命をつなぐことだけに追われる日々でした。
少し落ち着いたのは、電気、水道が復旧してからでした。ガソリンの供給がほぼ通常に戻ったのは、1ヶ月以上たってからだったはずです。

あと2週間に迫っている震災に対して、まず用意すべきものは何でしょうか。

1) 食料: アルファ米、缶詰、かんぱんなどの長期保存食(今は色々売っていますねぇ)
2) 飲料水: 2Lペットボトルをできるだけ多く (災害用5年保存水がよい)
ここまでが必須ですね。

次はインフラ関係です。
3) 電気: 自家発電=ソーラー発電キット(3~5万で売っています)、手回しライト/TV/ラジオ、蓄電池(キャンプ用などのバッテリー:1万5千円くらいで売っていますが、ソーラー充電はできません。ACからですが、ソーラーで発電した電気をコンバーターを通してこの蓄電池に充電することはできます) 
 結局、簡易ソーラーシステム+蓄電池(バッテリー)+小物は手回し発電機  この3点セットでしょう。
 最低限の電気がないと、携帯の充電ができません。携帯がなければ家族と連絡が取れません。(もちろん、携帯の中継塔が倒壊してしまったらどうにもなりませんが)
4) トイレ: 一戸建ての方は、最悪庭に穴掘ってやってもよい。都会の方やマンションアパートの方は、汚物が固まる簡易トイレセットがお勧め。
5) 水道: 近くに井戸があれば最高。なくても給水車が来た場合に水を入れるための容器が必要、10~20Lのキャンプ用などのポリタンクを2-3個用意しましょう。
  なお、汚れた水を浄化する、微細フィルターで水を濾す浄水器を持っていると助かりますよ。
  一番よいのは、逆浸透膜浄水器ですが、取水を水道管から出なく、容器にためた普通の水から送水管を通して、ポンプでくみ上げて浄水すればよいのです。ポンプの電源は、車のDCからもとれるので、DC-ACコンバーター(ホームセンターやイエローハットなどで売っています)は使えます。もちろん、ソーラーでためた電気もポンプを回せます。手動でろかできる浄水器も2~5万で売っていますよ。

その他、日常品
6) ティッシュペーパー、トイレットペーパー 意外に重要です。 皿が汚れないように皿にしくサランラップも。
7) 衣類: 最小限でよいと思います。夏はまだいいですが、寒さが残る季節は、ノースフェイスやパタゴニアのアウトドアメーカーの防寒着がお勧めです(保温、発汗に優れます)。
8) 電化製品: 電気が無くても、簡易ソーラーがあれば少しの電気は使えます。電気は省電力のLEDライトを、また電池も充電式のエネループを用意。エネループを充電する充電器も必要。ランタンなどはAC電源のものは、ライトをLEDに変えておく。またキャンプ用ランタンもLEDで電池はエネループを使用する。TVは、情報を得るだけなので、ワンセグがみれる2-3インチのポケット用で十分。米をたくのには、2人用の小さな炊飯器も売っています。

その他災害対策用品
9) 富士山の噴火など、火山灰が遠くまってくることが予想されます。火山灰から目と鼻と口を守らなければなりません。普通のマスクやめがねでは不十分です。石英のガラス質成分が混ざっているので、吸い込むと肺にささります。できれば3MのN99以上のマスク、顔全体をおおうフェイスマスクも用意したいですね。さらに、火山ガスや家事による有毒な煙から呼吸を守るために、マスクの両側に防毒の缶をつけたものがよいですね。よく特殊機動隊が顔にかぶっているような、怖い感じのマスクです。3Mではそれぞれ別々で売っていますよ。

公共機関
9) 東日本大震災のときは、銀行の引き出し制限が発動されました。確か1日一人5万まで(銀行によって10万まで)でした。手元に50万はおいておきましょう。

★ 地震発生後数分間でやること
1) 風呂桶に水をためる。これ、一番大事。震災発生後30分程度は、まだ水が出ます。
2) (動ければ)すぐにスーパー、コンビニに行き、食料や飲料水、その他必需品を購入。
3) ガスは止まっていても、自分で自動停止装置を解除すれば使えます。

ここに記載したものは、すべて、楽天、アマゾン、ヤフーショッピングで購入できます。
ぜひ、お早目の準備を!
現状を見渡すと、火山噴火+首都圏大震災+液状化 は、きっとそろそろです。
あの大震災を決して忘れてはなりません。
自らのことは自ら準備しなくてはいけません。救助を待つのもよいですが、一人ひとりができるだけ自活できれば、本当に困っている人々を助けられます。

「対決」の果て

オリンピックでは、スポーツによる「対決」が熱を帯びて喧伝されている。
政治の世界でも、増税問題を中心とした内政上の「対決」、領土問題を始めとする外政上の「対決」が目についてきている。

「対決」とは何であろうか。
私たちは、あまりにも簡単に(考えることなく=感情的に)、対決の世界に踊らされてはいないだろうか。

元々、対決は自然界にはつきものである。
野生生物は、生まれながらにして対決の「生」を歩む。
それはまさに、生きるか死ぬかのレベルで、対決を繰り返して生き抜いていく。
怪我や病を背負えば、すなわち「死」が待っている。

弱肉強食である。
しかし自然界は、不必要な「欲」を持たない。
本能に基づき、一定の食欲が満たされれば、それ以上の無用な「対決」は避けるようになっている。
種の頭数も、弱肉強食による自然淘汰で、多少の増減はあっても、うまい具合にバランスをとっている。
この観点から世界を見れば、弱肉強食は共存共栄ということになる。

世界の中で、唯一特殊な生物が「人間」である。
なぜなら、人間だけが「不必要な欲」を持った生物だからである。
生きることの他に、余分な「富」、「財」などを蓄えようとする(死んだら自分のために使うことは出来ないのに)。
それを、人間特有の高度な(?)、知恵、知能のせいにするのは簡単だ。
しかし、知恵は知恵でもそれは猿知恵の範疇であり、決して叡智である「智恵」ではない。

繁殖に伴う「欲」も、一般的な哺乳類や鳥類では、繁殖期として年1-2回が普通のようだ。
人類のように、年中発情可能な生き物は、特殊と思われる。

こうした、特殊な「欲」を発現した生物、それが人間である。

繰り返すが、生きるということは、対決の歴史でもある。
しかし、その対決は、弱肉強食かつ共存共栄であることが必要であり、弱肉強食一点のみの対決は、最終的に破滅を招く。

「自」らが生きるためには、必要最低限の「他」の犠牲が必要である。
「他」の犠牲により、「自」が生きる。
この点において、生きるということは、自他の別あれど、而して自他の別はないのである。

相手が存在するから自分が存在する。
サッカーも、敵がいなくては試合にならない。
対決とは相手があってこそ成り立つ。
相手をリスペクトするとは、共存共栄の精神である。
敵を打ち負かすだけで得意気になるのは、弱肉強食のみの稚拙な精神構造である。

とにかく、生きるためには対決は必至なものではあるが、いかに「敵」と共存共栄するかが、「自」が生き続けていくために重要なことなのである。
対決だけに突き進むことは、最終的に地球滅亡につながる。
気に入らぬ相手をすべて打ち殺していけば、最後は自分以外何も存在しなくなる。
相手がいない世界で、己は生きていくことができない。

本能の働きにより、自ずと対決がコントロールできている自然界の生物に比べ、本能の箍が外れ、「不必要な欲」の塊となった人間は、それでも自らのことを「高等」生物と呼べるのであろうか。

共存共栄的弱肉強食は、絶対矛盾的自己同一である。
一存他排的弱肉強食は、絶対矛盾的自己矛盾である。

この世界は、絶対矛盾的自己同一の世界である。

人類には、世界で日々繰り返されている、様々な「対決」に内在する本質を、「智恵」を使って考え直してもらいたい。
ただ単に、「対決」に一喜一憂、振り回される日々は、個の対決結果に関わらず、それは全体の破滅に繋がるレッドカーペットでしかない。

地球の歴史上、最も愚かな生物=人間として、宇宙人に記録される日も近いであろう。


波乗りGENZAI

量子の世界では、物質の最小単位は「ヒモ」であり、そのヒモの振動数によって、量子の種類が決まるという

振動するヒモ

振動には波長がある、つまり波

物質の単位が波であるなら、わたし達人間もまた波

寄せては返す海のさざなみに、心が癒されるのも、波だから?


気候もまた波

氷河期 温暖期 繰り返して現在に至る

今後は寒冷期に移行するらしい


宇宙もまた波

ビッグバンが本当かどうかはわからないが、一点から爆発的な膨張を続け、あるときから再び収縮に転じる という

いずれにしても膨れては縮む

まるで三角関数のような 波


経済もまた波

ここ数十年で急激に膨張した金融資本は、いずれ収縮に向かうかもしれない

遠い未来に、自給自足の縄文弥生時代に戻るかもしれない

物々交換の価値の基準として、天下の回り者「money」が使われている

元は、貝であったり、銅、銀、そして金であった

いずれにしても、その価値を決めるのは人間である

moneyの価値が暴落すれば、goldになるかというと、そうでもないだろう

goldは確かに美しく、人間の妖しい欲望をかりたてる

goldに価値を感じているうちはいいが、goldはmoneyと同じで、結局実物は食べられない

goldが人類共通の価値を普遍的に得られるかどうかは、幻想的である

世の中が波である以上、限りなく景気がよくなる世界などあり得ない

膨張したユーロは、また離別個々に分解していくだろう


これからの世界は、収縮に向かい始めたのかもしれない

負の方向に生きる自覚

正の方向への幻想にとらわれていると、今後は思ったようにいかないので、息苦しくなるだろう

負の方向に進む世界で 気持ちはプラスに生きることが大切だ

世の中は波であり、プラスに進むときもあればマイナスに進むときもある

而して、自らは過去から未来へと一方向へしか歩むことは出来ないのであり、しかも現在の檻から逃げ出すことはできない

生から死へ 死から生へ

生死もまた波といえば波


現在から逃げられないとの同じく、「波」の業からも逃れ得ない

現在を波に沿って生きる

それ以下でもそれ以上でもない

それが人生なのではないか


時間の最初も最後も決してわからない

宇宙を宇宙の外から眺めることも決して出来ない

時空の限界を理解できない以上、人間の存在はこの宇宙の一構造体に過ぎず、井の中の蛙、釈迦の掌である

発展した科学は、多くの驚くべき知見をもたらした

しかし科学もまた波

これからは何でもわかると思っていた科学は、何にもわからなかったということがわかっていくだろう


井の中、釈迦の掌で、「波」の業を背負い、現在を歩み続ける存在

それがこの現世であり、人間である

個を区別すれば、自分も死も存在するが、個を消し去れば、そこには自分や死は存在しない

個を区別しているのは、人間や動物の本能ではあるが、本質ではない


すべてを消し去ってゆけば、波と現在が残る

さらにそれさえも消し去れば、井の外には釈迦、それは絶対無の世界



カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

ドクトル・グレイ

Author:ドクトル・グレイ
ドクトル・グレイ(愚零) (KIN 191:青い猿、青い夜)

小学生の時、鏡を見ていた自分が忽然と思った。
「自分が死んだらこの世から消えてしまう。消えてしまう自分とはいったい何なんだろう。」
以来、わたしは「大人」になった。分別知が芽生えたのである。それは無分別の世界に遊んでいた子供の楽園から、不幸の滝壷に突き落とされた瞬間でもあった。
生死の不安、明日の心配・・・
悩みはつきることなく湧き出でたが、解決の糸口はつかめなかった。
何のために生きているのか?
他の生き物を傍若無人に虐殺してまで、人間は何のために生きるのか?
将来必ず死ぬことが、わかっているではないか。
高校生の時、西田幾多郎の著作に出会った。
「絶対矛盾的自己同一」
なんだかよく分からなかったが、そこには答えとなる真理が隠されているように感じた。
いったい自分は、人間は、何を知っているというのだ。
そもそも知るという認識の過程から考え直さなければならないのではないか。
自分のことを自分が一番良く知っていると思っている。
そんなのウソだ!
自分とは何か、他とは何か、生きるとは、死ぬとは、自然とは、宇宙とは、神とは何か?
人知に照らされたこの世界。
人知に掘られた井戸の中の蛙である人類、わたし。
宇宙の果てを井戸の中に探しに行くアホらしさ。
カマキリやチョウが、明日に死ぬ心配をしているか?
相対と絶対。
不連続の連続。
少しずつ答えの入り口が見えてきた。
何も知らずしてすべてを識り、時空を知らずしてすべてを識る。
科学は無智であり、自然は無知である。
鏡に映った自分は、自分の知っている自分ではなかった。
人知による分別世界は相対世界。
相対世界は虚相世界。
虚相世界の生死、それは結局、蜃気楼。
人知の懐中電灯を消せば、薄暮に浮かぶ無限的広野が眼前に広がっていた。
真実の実相世界は無分別の智、それは絶対無。
不安、恐怖、対立、争闘・・・
虚相世界のすべての現象、それは絶対無において一縷の疑問もなく消滅した。
探し物は、遠い未来にも遥かなる宇宙にもなかった。
永遠は今この瞬間にあり、無限は目の前の一点にあった。
ごはん一粒に、無限宇宙と深遠なる神を見る。
知らない自分はすべてを識る。
自分は自然、自分は宇宙、自分は神、そして絶対無の存在。
本当の歓び、本当の愛。
あえて言葉で云うならば、絶対的歓喜と絶対的大愛に満ち満ちた世界。

人類よ、前へ進むな、振り返れ!
人類よ、今こそ行こうぞ、絶対無へ!


(KINについては、以下の「古代マヤ暦の暗号」を参照のこと)

リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
FC2ブログランキング
↓ランキング参加中。クリック応援よろしくお願いいたします。

FC2Blog Ranking

ブロとも一覧
世界のなかのみんな
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。