スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東、要注意!

先ほど、茨城県南部震源、震度4が発生しました。
ここもそこそこ揺れましたね。
真下の震源でない限り、ゴオ~という地鳴りが先に来るので、揺れる前にわかってしまいますが。
それにしても、朝10時頃には、口永良部島のマグマ噴火も発生したばかりです。

先日の埼玉県北部震源、震度5弱(土浦)に続き、関東南部での内陸震源中規模連発。
地震予知をされていて、かなり当てている有名な先生が2名ほどいるのは知っていますが、今回は特殊な観測方法を持たないわたしたち素人が見ても、かなり危険が迫っているのがわかりますよね。
箱根はどうなったのでしょう。最近は以前に比べてニュースでもやりませんね。
浅間山も蔵王も怪しいのですよ。
どうみても尋常な状態ではないでしょう。

でも、まだ気にしていない人の方が多いかなぁ。
もし1日に10回、震度4がくれば、ほとんどの人がおかしいと感じるでしょうけど、週に2-3回の震度4なら、気に留めるような時代ではないのかもしれません。実際、震度4程度では日本の建築はビクともしませんからね。
でも自然の呼吸は人間より途轍もなく長いのです。
自然の1日は人間の1ヶ月以上にも当たるでしょう。
人間だけに通用する物差しで自然を考えてはいけません。
自然を考えるときは、自然にあわせた色眼鏡をかけなくては、相手と会話はできませんからね。
自然さんは、「来るよ、来るよ」と話したくて仕方ない感じのようです。
そろそろ感じ取ってあげましょうよ、ねえ。


あの311から4年が経過。
大地震後に、必ず連動して噴火すると言われる火山は、まず口永良部島から口火を切りました。

5/22 奄美大島近海 M5.1 震度5弱
5/25 埼玉県北部 M5.6 震度5弱

5/29 9:59AM 口永良部島 噴火
5/30 1:06AM 茨城県南部 M4.8 震度4

南西諸島方面と関東内陸部で、連動するように発生していますね。
M5クラスの地震が前触れとすると、M7クラスの本震が来てもおかしくありません。
内陸発生のM7ですと、最大深度は場所によっては7になるでしょう。

そのとき、皆さんは何をしていますか? 
そして、そのときをどんな気分で迎えるでしょうか?
少しは考えておいてくださいね。

災害を恐れる必要はありませんが、予測することはできます。
人間だけでなく、動物たちもある種の「勘」で予測(予知ではない)しているようです。

命をつなぎとめるために、命を奪う災害から身を守ろうとするのは本能であり、神のご意思でしょうから、当たり前のことです。
大勢に流されず、自分が「危ない」と感じたら、迷わず思うように行動を起こしましょう。
災害が起きてから、周りを見て右へ習えするのだけはやめましょう。
ニュースで「安全です、大丈夫です」、と繰り返し流れても、自分の勘を信じましょう。

だって、それが311の教訓ではないですか。
ねえ、そうでしょう?

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

ドクトル・グレイ

Author:ドクトル・グレイ
ドクトル・グレイ(愚零) (KIN 191:青い猿、青い夜)

小学生の時、鏡を見ていた自分が忽然と思った。
「自分が死んだらこの世から消えてしまう。消えてしまう自分とはいったい何なんだろう。」
以来、わたしは「大人」になった。分別知が芽生えたのである。それは無分別の世界に遊んでいた子供の楽園から、不幸の滝壷に突き落とされた瞬間でもあった。
生死の不安、明日の心配・・・
悩みはつきることなく湧き出でたが、解決の糸口はつかめなかった。
何のために生きているのか?
他の生き物を傍若無人に虐殺してまで、人間は何のために生きるのか?
将来必ず死ぬことが、わかっているではないか。
高校生の時、西田幾多郎の著作に出会った。
「絶対矛盾的自己同一」
なんだかよく分からなかったが、そこには答えとなる真理が隠されているように感じた。
いったい自分は、人間は、何を知っているというのだ。
そもそも知るという認識の過程から考え直さなければならないのではないか。
自分のことを自分が一番良く知っていると思っている。
そんなのウソだ!
自分とは何か、他とは何か、生きるとは、死ぬとは、自然とは、宇宙とは、神とは何か?
人知に照らされたこの世界。
人知に掘られた井戸の中の蛙である人類、わたし。
宇宙の果てを井戸の中に探しに行くアホらしさ。
カマキリやチョウが、明日に死ぬ心配をしているか?
相対と絶対。
不連続の連続。
少しずつ答えの入り口が見えてきた。
何も知らずしてすべてを識り、時空を知らずしてすべてを識る。
科学は無智であり、自然は無知である。
鏡に映った自分は、自分の知っている自分ではなかった。
人知による分別世界は相対世界。
相対世界は虚相世界。
虚相世界の生死、それは結局、蜃気楼。
人知の懐中電灯を消せば、薄暮に浮かぶ無限的広野が眼前に広がっていた。
真実の実相世界は無分別の智、それは絶対無。
不安、恐怖、対立、争闘・・・
虚相世界のすべての現象、それは絶対無において一縷の疑問もなく消滅した。
探し物は、遠い未来にも遥かなる宇宙にもなかった。
永遠は今この瞬間にあり、無限は目の前の一点にあった。
ごはん一粒に、無限宇宙と深遠なる神を見る。
知らない自分はすべてを識る。
自分は自然、自分は宇宙、自分は神、そして絶対無の存在。
本当の歓び、本当の愛。
あえて言葉で云うならば、絶対的歓喜と絶対的大愛に満ち満ちた世界。

人類よ、前へ進むな、振り返れ!
人類よ、今こそ行こうぞ、絶対無へ!


(KINについては、以下の「古代マヤ暦の暗号」を参照のこと)

リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
FC2ブログランキング
↓ランキング参加中。クリック応援よろしくお願いいたします。

FC2Blog Ranking

ブロとも一覧
世界のなかのみんな
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。