スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車の電磁波

わたしも中古で一台所有しているが、ミニバン(軽や1300ccサイズ)は怖い。
よく、配達などで使用されている、街でよく目にするタイプの食パン型の車のことである。

何が怖いかというと、エンジンが運転席の直下に作られているのである。
運転席を後方に引き上げると、そこにはエンジンがむき出しになっており、地面も見える。

エンジンは強い電磁場を形成する。

例のごとく、電界と磁界を計測してみた。

恐ろしい結果が出た。

やはり座席上や足回り、つまりエンジンの周囲では10~20mG(ミリガウス)という高い磁場が確認された。
一方、アースはつけてないはずであるが、電場は運転席レベルでは、なぜかほぼゼロであった。

問題は磁場である。
磁場の世界的基準値は2mG以下である。
それ以上では発癌性が増すことが世界的に確認されている。

知らないうちに強い磁場にさらされているわけであり、これは見えないだけに重大な事実である。
長時間仕事でこのような車を運転する人は、特に気にしなければならない。

一方、セダンや2000ccクラスのワンボックスは大丈夫である。
エンジンが、前方のボンネットにあるからである。
ダッシュボードに近づけば、磁場は上昇するが、運転席や助手席レベルであれば、2mGを超えるか超えないか程度であった。

運転席直下のエンジンはまずい。

では、どうすればよいのか?

わたしは、磁場防御のシールド材を購入し、座席シートと足マットの下にうまく収まるように形を加工して、敷いてみた。
すると、事前にその会社から聞いていた通り、磁場の強さが半減したのである。
それでもまだ2mGにはならない部分もある。
そういう箇所は、磁場シールド材を、2重にして敷いてみた。

完全に基準値以下にはならないが、かなりいいところまで値が下がったことは確かである。

こうした自動車などから出る磁場は、低周波の磁界であり、一般的には遮蔽はほとんど不可能とされてきた。
インターネットで「電磁波予防」とうたってある商品のほとんどは、磁場には効果はなく、電界に対するアース機能しかない。
売っている側も、磁場についてよくわかっていないように思う広告ばかりである。

わたしが辿り着いたのは、ようやくホンモノと思える、ある商品であった。

ここで紹介するのは簡単であるが、勝手にリンクは貼れないので、興味がある方は連絡をください。
確実に力価で約50%、低周波磁場を遮蔽できます。

わたしの丹念に測定した結果が証明しているので、この品は本物だと思う。
ただ値段が相当に高い。

わたしはそれでも、見合う価値があると思って買ったわけである。

ちなみにデスクトップやノートパソコンからも強い磁場が出ているので、なるべくPC本体から離れて使用した方がよい。
わたしのデスクトップPCは、至近距離で8mGを示していた。

このシールド材は、PCの磁場も遮蔽可能だ。
PCが発するのも低周波磁界であり、やはりシールド材で前を覆うと、磁場は半減した。

見えない世界は確実に存在する。
見えなくていいものもあれば、よくないものもある。

わが国は、ハイテクの技術がある国家であるが、電磁場対策がかなり遅れている国であることを知っておく必要がある。
見えるものに強くても、見えないものには弱いのである。

これは「生と死」にも似ている。

見えないものは自分で考え、自分で守っていくしかない。

死も自分で受け入れ、考えていくしかないのである。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: No title

Yさま

 ご丁寧なメールありがとうございます。自分は若干上ですが、ほぼ同じ年です。
 Yさまのお気持ち、よくわかります。Yさまのように、世界的な視野で思考ができる方は素晴らしいと思います。それも、「自分」への疑問、「生」への疑問、「死」を直視することから始まるのだと思います。自分だけで悩み苦しむのではなく、その理由を明確に論理立て、同志と気持ちを共有していくことは大事だと思います。
 最近「あした死ぬかもよ?」という本を本屋で見つけ、思わず読んでしまいました。(もちろん立ち読みではなく買ってですが・・・笑) ベストセラーになっているようです。自分としては、今までも十分考えていたことなので、取り立てて新鮮ではなかったですが、一般向けに書かれた本として、構成が面白いと思いました。かつてタブー的に扱われていた、死を直視するという問題に焦点をあてており、確実に時代はわたし達の思う方向に進んできているようです。
 経営は大変ですよね。自分もこの秋に、経営者の仲間入りをする予定です。ローンの返済を考えると、鬱になりそうです。お金がすべてではないのですが、この世で生きていくためには、お金が必要なのも確かです。お金と一定の距離を置きつつも、決して軽視はしない、そうした冷静な思考ができるよう、心がけているつもりです。
 お互い頑張りましょうね! 生きているということは、それだけで頑張ることなのではないかと思います。当たり前のような内容ですが、次回のブログテーマもその辺になりそうです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

はじめまして。嬉しいコメント、ありがとうございます。更新が止まっていて申し訳ありません。このブログは、誰かに見てもらおうと思って書いてたものではなく、自分の湧き出る思考を少しでも整理し、自分自身を納得させるために書いています。ときどき貴殿のように共感を覚えていただける希少な方(笑)、と巡り合うことができ、それは自分としても嬉しい限りです。西田先生のお言葉は難しいですが、紐解くと、仏陀や親鸞の世界まで遡ります。金子みすずも同じです。「絶対矛盾的自己同一」、そして「絶対無」を超える思考は、果たして存在するのでしょうか。今は思考停止中なので、ブログ更新していませんが、そろそろ考えたことが出てきていますので、そのうち更新しますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

低周波磁場の遮蔽

Bさま

御連絡ありがとうございます。車の低周波磁場困りますよね。
特に、最近のHVやEVはどうなっているのでしょう。自分はガソリン車しか乗っていないので、計測できていませんが、燃費が良い一方で、結構高い可能性がありますよね。
低周波電磁場の遮蔽ですが、10/13の返信コメにある、リンクを貼った商品が良いと思います。
http://www.emf110.com/goodsList/27.html
遮蔽の目的は人間ですから、足を置く床と、座席に遮蔽シートを形に切り抜いて敷きます。(シートが厚いので、加工には力が要ります)床は、マットの下に敷いてしまえばわかりません。座席は、シートを敷いてしまうと、硬く冷たいので、その上に、柔らかめのラグカバーなどをかぶせてみてはいかがでしょうか。自分は運転席に、厚めのクッションをかぶせていました。遮蔽シートが動かないように、座席の前後の隙間から、100均で売っている弾力のある長いゴムを通し、しっかり固定しました。満足のいくクッション性とはいきませんが、電磁場が半減されていることを思うと、クッション性よりも安心感の方が勝りました。
ぜひ、いろいろ工夫してみてくださいね。逆に他のいい方法やシートがありましたら、ぜひ教えてくださいね。
では、失礼致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 磁場遮蔽シートのメーカー

ご連絡ありがとうございます。自分が購入したのは、この商品です。少し高価ですが、効果はばっちりでした。
お店の対応もご親切でした。このシートをハサミでカットして、座席下の足場に敷きました。かなり厚みのある硬い素材ですので、DIY用の大きな切れの良いハサミがよいと思います。

低周波磁場シールドシート ジャイロン フレックス【G-iron Flex】
http://www.emf110.com/goodsList/27.html

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

ドクトル・グレイ

Author:ドクトル・グレイ
ドクトル・グレイ(愚零) (KIN 191:青い猿、青い夜)

小学生の時、鏡を見ていた自分が忽然と思った。
「自分が死んだらこの世から消えてしまう。消えてしまう自分とはいったい何なんだろう。」
以来、わたしは「大人」になった。分別知が芽生えたのである。それは無分別の世界に遊んでいた子供の楽園から、不幸の滝壷に突き落とされた瞬間でもあった。
生死の不安、明日の心配・・・
悩みはつきることなく湧き出でたが、解決の糸口はつかめなかった。
何のために生きているのか?
他の生き物を傍若無人に虐殺してまで、人間は何のために生きるのか?
将来必ず死ぬことが、わかっているではないか。
高校生の時、西田幾多郎の著作に出会った。
「絶対矛盾的自己同一」
なんだかよく分からなかったが、そこには答えとなる真理が隠されているように感じた。
いったい自分は、人間は、何を知っているというのだ。
そもそも知るという認識の過程から考え直さなければならないのではないか。
自分のことを自分が一番良く知っていると思っている。
そんなのウソだ!
自分とは何か、他とは何か、生きるとは、死ぬとは、自然とは、宇宙とは、神とは何か?
人知に照らされたこの世界。
人知に掘られた井戸の中の蛙である人類、わたし。
宇宙の果てを井戸の中に探しに行くアホらしさ。
カマキリやチョウが、明日に死ぬ心配をしているか?
相対と絶対。
不連続の連続。
少しずつ答えの入り口が見えてきた。
何も知らずしてすべてを識り、時空を知らずしてすべてを識る。
科学は無智であり、自然は無知である。
鏡に映った自分は、自分の知っている自分ではなかった。
人知による分別世界は相対世界。
相対世界は虚相世界。
虚相世界の生死、それは結局、蜃気楼。
人知の懐中電灯を消せば、薄暮に浮かぶ無限的広野が眼前に広がっていた。
真実の実相世界は無分別の智、それは絶対無。
不安、恐怖、対立、争闘・・・
虚相世界のすべての現象、それは絶対無において一縷の疑問もなく消滅した。
探し物は、遠い未来にも遥かなる宇宙にもなかった。
永遠は今この瞬間にあり、無限は目の前の一点にあった。
ごはん一粒に、無限宇宙と深遠なる神を見る。
知らない自分はすべてを識る。
自分は自然、自分は宇宙、自分は神、そして絶対無の存在。
本当の歓び、本当の愛。
あえて言葉で云うならば、絶対的歓喜と絶対的大愛に満ち満ちた世界。

人類よ、前へ進むな、振り返れ!
人類よ、今こそ行こうぞ、絶対無へ!


(KINについては、以下の「古代マヤ暦の暗号」を参照のこと)

リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
FC2ブログランキング
↓ランキング参加中。クリック応援よろしくお願いいたします。

FC2Blog Ranking

ブロとも一覧
世界のなかのみんな
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。