スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わるとは・・・

きょうも虫単位、植物単位、微生物単位で考えれば、何億兆もの命が死に、何億兆もの命がまた、わたしたちと時間を共有する仲間となった。

それでも地球は変わらない。
生きているわたしも何も変わらない。
腹が空けば飯を食べ、眠くなれば眠り、考えることがあれば考える。

いつかは自分も死ぬのだ。
そして自分が死んでも何も変わらない。
いっときの葬式が営まれ、少数の弔問客が線香をあげ、あいつもついに死んだか、とつぶやかれ、49日も終われば、少し肩の荷が下りたと親族に云われる。
1年も経てば、友人からも忘れられ、なおさら世界との変化は消えて行く。
死んでも何も変わらない。

人類の暴挙によって地球上のすべての命が滅んでも、地球は何も変わらない。
太陽系も宇宙も何も変わらない。
どこかの宇宙人が、ついにあそこの生命も滅びたかとつぶやき、1宇宙年も経てば、宇宙人連合からも忘れられる。
地球は相変わらず365日で太陽の周りを公転し、月は地球の周りを公転する。
三日月も満月も、曇りの日も雨の日も、晴れ渡る秋晴れも、何も変わらない。

それでも生きているものは生きている。
死すべきときに死んでゆく。
生けるものは何を思う。

生きても死んでも何も変わらない。
ならば、どういう思いで生きていく?
科学も宗教も文明も、滅亡した地球の暁には何も意味を成さない。

生きるものには、生きるプログラムが「欲」として組まれている。
脳細胞が作る「自分」には、その欲がある。
宇宙の大規模構造=グレートウォールも脳細胞と似た形をしている。
宇宙にも生きる「欲」があるはずだ。

そしてそのように作った「何か」が存在する。
だが、その存在をわたしたちは決して理解できない。
考えようとすることはできても、考えると無力感が漂う。
行き過ぎると「抑鬱」となり自殺しかねない。

その「ある存在」に対しては、深く考えるなということか?

とりあえず、小さな欲の不連続の連続で、生きているわたし達なのである。
それを「生かされている」という人もいるが、単に生きていることには変わりない。

生きていることが、何か世界を変えるのかと考えた時期もあったが、どうもそうではない感じがする。
あくまで、有と無の絶対矛盾的自己同一の中で、無に対する対照として、加速度を持って存在している世界に過ぎないように思う。
有の世界にいれば、毎日を「変化」と感じるが、それは加速度の幻想であって、宇宙的「有」の規模で考えれば、無に対して何も変わるものはない。

わたし達は生きていく。
わたし達は死んでいく。
小さな「欲」を持つ間のみ、生きていることが許される。
何も変える必要はなく、何も変わる必要もない。
単に「欲」に忠実に、行動すればよいのだ。

「欲」の質と程度で、善と悪が区別される。
自分としては、善といわれる欲を持ちたいが、悪といわれる欲を持つ者が、本当に悪いことなのか、だんだんわからなくなってきている。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

ドクトル・グレイ

Author:ドクトル・グレイ
ドクトル・グレイ(愚零) (KIN 191:青い猿、青い夜)

小学生の時、鏡を見ていた自分が忽然と思った。
「自分が死んだらこの世から消えてしまう。消えてしまう自分とはいったい何なんだろう。」
以来、わたしは「大人」になった。分別知が芽生えたのである。それは無分別の世界に遊んでいた子供の楽園から、不幸の滝壷に突き落とされた瞬間でもあった。
生死の不安、明日の心配・・・
悩みはつきることなく湧き出でたが、解決の糸口はつかめなかった。
何のために生きているのか?
他の生き物を傍若無人に虐殺してまで、人間は何のために生きるのか?
将来必ず死ぬことが、わかっているではないか。
高校生の時、西田幾多郎の著作に出会った。
「絶対矛盾的自己同一」
なんだかよく分からなかったが、そこには答えとなる真理が隠されているように感じた。
いったい自分は、人間は、何を知っているというのだ。
そもそも知るという認識の過程から考え直さなければならないのではないか。
自分のことを自分が一番良く知っていると思っている。
そんなのウソだ!
自分とは何か、他とは何か、生きるとは、死ぬとは、自然とは、宇宙とは、神とは何か?
人知に照らされたこの世界。
人知に掘られた井戸の中の蛙である人類、わたし。
宇宙の果てを井戸の中に探しに行くアホらしさ。
カマキリやチョウが、明日に死ぬ心配をしているか?
相対と絶対。
不連続の連続。
少しずつ答えの入り口が見えてきた。
何も知らずしてすべてを識り、時空を知らずしてすべてを識る。
科学は無智であり、自然は無知である。
鏡に映った自分は、自分の知っている自分ではなかった。
人知による分別世界は相対世界。
相対世界は虚相世界。
虚相世界の生死、それは結局、蜃気楼。
人知の懐中電灯を消せば、薄暮に浮かぶ無限的広野が眼前に広がっていた。
真実の実相世界は無分別の智、それは絶対無。
不安、恐怖、対立、争闘・・・
虚相世界のすべての現象、それは絶対無において一縷の疑問もなく消滅した。
探し物は、遠い未来にも遥かなる宇宙にもなかった。
永遠は今この瞬間にあり、無限は目の前の一点にあった。
ごはん一粒に、無限宇宙と深遠なる神を見る。
知らない自分はすべてを識る。
自分は自然、自分は宇宙、自分は神、そして絶対無の存在。
本当の歓び、本当の愛。
あえて言葉で云うならば、絶対的歓喜と絶対的大愛に満ち満ちた世界。

人類よ、前へ進むな、振り返れ!
人類よ、今こそ行こうぞ、絶対無へ!


(KINについては、以下の「古代マヤ暦の暗号」を参照のこと)

リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
FC2ブログランキング
↓ランキング参加中。クリック応援よろしくお願いいたします。

FC2Blog Ranking

ブロとも一覧
世界のなかのみんな
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。